左右対称のモチーフが美しい、ハワイアンキルト

ハワイアンキルトとは?

ハワイアンキルトはハワイの家庭で作られているものを始めとした伝統的なキルトのことです。キルトといえば勘違いされがちですが、スコットランドの衣装とは無関係なんです。ハワイアンキルトはイギリスの宣教師によって伝えられた物だそうですよ。色が二色でシンメトリックな模様で出来ているというところが特徴でモチーフはハイビスカスといった花やパイナップルなどが多いようです。ちなみにキルトは日本にもあり、和の素材が使用されたものはジャパニーズキルトと呼ばれているそうです。

ハワイアンキルトの歴史

イギリス人宣教師によってハワイアンキルトが伝えられたのは1820年代の事。元々はパッチワークキルトというもので、それがハワイで独自に発展したものだそうで一枚の布をいくつかに折りたたんでカットする方法で模様を作ります。ハワイアンキルトには他にも特徴があり、それは使う色です。黒い色は縁起が悪いので使わないなどの決まりがあるそうで、黒に関して言うと「死」を連想させるからだとか。あとは動物などでも使わないモチーフは色々あり、人間を含めた陸上の動物も使用できないそうです!ただ最近はそういう縛りもあまり重視されなくなってきたようで、色々な模様のものが作られているみたいです。

ハワイアンキルトが欲しい!

ハワイアンキルトが欲しくなってきた人もいるでしょうか?現在はハワイアンキルトの専門店など通販が豊富にあるので、選ぶのも楽しいですよね。クッションカバーやタペストリー、ベビーキルトやポーチなんかも。お店によっては沢山の種類のキルトものが売っています。見ているうちに手作りに挑戦したくなったという人もいるはず。少し調べれば作り方を教えてくれているサイトさんも沢山あるので、オリジナルハワイアンキルトに挑戦するのもいいかもしれませんね。

ハワイアンキルトは、パッチワークキルトの一種です。デザインに、ハワイの植物や海の生物をモチーフにしている所が、ひとつの特徴です。

左右対称のモチーフが美しい、ハワイアンキルト