ニーズに合わせて多様化する結婚式について

自分たちにあった、ウエディングプランとは?

人生に一度の晴れ舞台として、結婚式にはこだわりたいという人も多いのではないでしょうか。特に女性の場合は花嫁姿やウエディングに憧れや期待感を持っているケースも多いものです。そこで、実際に自分が結婚式をするとなったらどのようなプランを立てるのか、どんなパターンの結婚式を選びたいのか考えてみましょう。テレビや一般的なイメージでは、ある程度の規模の披露宴が想定されていますが、最近では既存のスタイルにこだわらないという人も多くなり、自分たちにあったプランを練るというカップルや家族が増えてきているようです。

より自由度のあるウエディングパーティも人気

結婚式の主役といえば、やはり新郎新婦です。しかし実際には多くの親類や友人などが集まるものですから、たくさんのお客様をおもてなしする場としてとらえ、みんなに楽しんでもらえるようなウエディングパーティーを催したいという人も増えているようです。格式ばった披露宴よりも、オープンエアのガーデンパーティや、ブッフェスタイルのパーティも人気です。集まった人がみんなで楽しみながら、結婚という大きな喜びを共有するというスタイルは、絆文化を大切にする若い層にも支持を集めているのではないでしょうか。

新郎新婦の高齢化にも対応した、大人の結婚式も

最近では結婚年齢の高齢化により、従来想定されている新郎新婦の年齢層が少し上がっている傾向にあります。そのため、年齢を重ねた大人の新郎新婦のイメージを壊さないような大人の披露宴も増えてきています。ドレスも肌の露出の少ない、シックな大人の雰囲気があるものを選ぶことが出来たり、照明やBGMなども華やかな中に落ち着きのあるものをチョイスできるなど、実際に披露宴を挙げる新郎新婦や、その参列者の年齢層を考慮し、ムードを壊さないような演出も求められています。

神戸の結婚式場はたくさんありますから、できるだけ多くのブライダルフェアに参加して、最適と思われる式場を見付けましょう。

ニーズに合わせて多様化する結婚式について

本当に幸せな挙式を求める!再婚夫婦のための結婚式

結婚に至る過程は様々

結婚と言えばいつの時代も男女にとって喜ばしいイベントですが、一方人によっては世間に大々的に結婚の連絡を行なえない場合があります。新郎新婦に事情があったり、再婚夫婦であれば二度目の挙式を躊躇する事もあるでしょう。一方、新しい夫婦の門出を祝うために、できるだけ式を挙げたいと言った人達も存在しています。結婚式場の中には、わけあり夫婦の事情に対応するために、夫婦二人だけの挙式を実現してくれる場所も存在しています。こうしたプランを使って最適な形で結婚式を挙げるようにしましょう。

小規模結婚式の魅力とは

夫婦二人で行なう結婚式は、挙式にかかる費用を抑える上でも便利なプランです。結婚はゴールではなく新婚生活の出発ですから、何かと物入りな時期です。そうした時に少しでもお金を貯めたいなら、こうした形の挙式を行なうようにしましょう。もちろん、結婚後にすぐ海外に出る予定があり、挙式の準備に時間を割く余裕がない夫婦にとっても嬉しいプランです。こうした形で小規模結婚式を行なう場合、身近な人達にはハガキで事後連絡を入れるようにしましょう。

家族も呼べる小規模結婚式の魅力

小規模結婚式は新郎新婦二人だけでなく、両親を招く事も可能です。一般的な結婚式を行なった場合親族も招く必要がありますので、親戚関係に問題を抱えている一家にとって問題が発生する事があります。一方小規模結婚式であれば、親戚に気を使う必要がない点が安心です。また、両親が病気を抱えており車椅子生活を送っていると言った場合、小規模結婚式であれば家族の体調に合わせて余裕ある式を執り行う事ができるのです。他のゲストに気を使わなくて良い点が魅力的な結婚式です。

横浜市にはホテルや結婚式場がたくさんあるので、規模や予算に合った結婚式場を神奈川で探すなら横浜市で探すと見つけやすいです。

本当に幸せな挙式を求める!再婚夫婦のための結婚式

お礼やお返しはきっちりと!結婚式のマナー

お礼やお返しはしないといけない?

結婚式って、いろいろとお金がかかるものですよね。でも、結婚式というのはいろんな人に祝福してもらうものであり、なのでそうした祝福には感謝の心をもって報いなければいけないんですね。結婚式にはたくさんのゲストが出席してくれますが、中には主賓や司会、余興や受付をしてくれた人というのもたくさんいるでしょう。そういう人には感謝を込めて、しっかりとお礼やお返しをするというのが大人としての最低限のマナーですよ。これをおこたてしまうと礼儀知らずと思われてしまっても仕方がないので、忘れずにやりましょう。

司会や受付などをしてくれた人に

司会や受付など、特別なことをやってもらった人には、当然のごとく手厚いお礼をするべきでしょう。感謝の気持ちを表すことはとても重要なことですし、受付などをしてくれた人というのは親しい間柄の人が多く、今後も付き合いを続けていくことになるでしょう。謝意を表すためには、たとえば当日にお金を包んで渡してあげても良いですし、また後日改めて食事などに誘っても良いでしょう。こうした事を怠ってしまうと、今後付き合いが疎遠になってしまうことも!?

お車代としてお金を包む

主賓のゲストなどには、特に手厚く歓迎するようにしましょう。主賓のゲストには、たとえばスピーチを頼んだり、はたまた乾杯の音頭をやってもらったりなど、結婚式において何らかのお世話になっているものですから、しっかりとお礼返しをしなければいけませんね。そういう人には交通費として車代を当日に渡したり、また家から会場までのハイヤーを手配するなどしても良いでしょう。遠方からはるばる出席してくれたゲストにも、お車代や宿泊費を渡してあげると良いですね。

お台場からの景色は昼は海やレインボーブリッジ、夜には夜景やライトアップなども楽しむことができます。お台場の結婚式場ならではの景色も見ることができます。

お礼やお返しはきっちりと!結婚式のマナー