あなたはこれからどんな結婚式をあげたいですか?

ゲストを喜ばせたい結婚式

結婚式でゲストによく見られる点は、料理、引き出物ですね。料理が美味しくない、品数が少ないと、ある程度結婚式に出たことがあるゲストはお金をかけていないことに気がつきます。前菜が二品あること、魚料理、肉料理があること、またデザートビュッフェなどがあると喜ばれますね。それから引き出物もきちんとしたものを選べば、帰ったあともゲストは嬉しい気持ちでいっぱいになります。お金じゃないけれど、気持ちとして料理やお土産にはお金をかけましょう。

主役は私、ドレスに力を入れたい

やっぱり結婚式の主役は花嫁ですよ。お色直しだってドレスだって力を入れて全然大丈夫です。ゲストだって家族だって色々なあなたの姿を見たいですし、一生に一度の晴舞台なのですから、今目立たなくていつ目立つのですか。確かにこったドレスや着物を選べば金額は跳ね上がっていきますし、金銭的には苦しいかもしれません。でも着たいものを選ばないで後悔するよりはましですから、たくさん試着してあなたにぴったりなドレスをしっかり選びましょう。

アットホームな温かな式をあげたい

最近は家族だけの式も流行ってきています。不景気ですし、この先の新生活にもお金はかかりますから、無理して今からお金を使う必要はありません。式場によっては、家族の思い出に残るような独自のイベントを用意したり考えたりしてくれているようです。両家の親に出てきてもらって何かをしたり、演出を減らしてゆっくりすごす時間を作ったり様々です。あなたがどんな結婚式をあげたいのか、人生最大のイベントですからじっくり考えてみて下さいね。

神戸北野の結婚式場では、リーズナブルな予算でアットホームなパーティができる手作りウェディングのプランなども用意されています。

あなたはこれからどんな結婚式をあげたいですか?

生涯で最も大きなイベントとされる結婚式について

結婚式のイメージと言えば?

皆さんは結婚式というものにどんなイメージを持っていますか。赤い色のついたバージンロード、ウエディングドレスの新婦、神父様、ウエディングケーキ、教会など想像しているだけで結婚式の雰囲気が感じ取れます。結婚式では笑顔と涙が入り乱れながらも感動の儀式として数多くの人が出席してくれることでしょう。普段素直に言えない「ありがとう」という感謝の言葉も素直に伝えることが出来る特別な空間としてのイメージが結婚式にはあるのではないでしょうか。

結婚式という儀式について

結婚式と言えば、生涯に一度の大きなイベントとして出来るだけ盛大に行いたいと思う人が多いと思いますが、費用がどのくらいかかるのかという疑問も多いようです。ふたりの出会い自体が奇跡的な出来事であることを考えると、結婚式と言う儀式がいかに神聖なものであるということが分かるのではないでしょうか。新郎新婦がお互いの力を合わせながら生涯のパートナーとして歩いてゆく第一歩として、ふたりにとって大切な人たちへ疲労する儀式が結婚式と呼ばれるイベントなのです。

結婚式にはどのくらいの費用が必要なの?

夕飯の買い物なら相場を熟知していますが、結婚式に掛かる費用の相場を詳しく知っている人はあまりいないはずです。経験した人なら大凡の費用を知っているでしょうが、結婚式に携わる仕事でもしていないと、相場といってもピンとこないのが普通です。50~60人ほどのゲストを招待した場合、二百万円から三百万円ほどが相場と言えるでしょう。簡単に出すことが出来るお金でもなく、両親に援助を考えてもらい予算を決めることが大事です。結婚式ではご祝儀もあることで差し引いた見積もりとしては100万円程度の出費になるでしょう。

鎌倉の象徴である鶴岡八幡宮で結婚式を挙げることができるのは、女性にとっては憧れでもあります。舞殿神前結婚式や一日に一回夜の結婚式もでき、幸せな時間を過ごすことができます。

生涯で最も大きなイベントとされる結婚式について

贈る人によって変わる!出産祝いのプレゼントの相場

仲の良い友達へのプレゼントの相場は?

大切な友達だからこそ、お祝いの気持ちを込めて素敵な出産プレゼントを贈りたいものですよね。親友への出産祝いは、1万円から1万5千円程のお祝いをするのが相場のようです。気心が知れ、好みも知り尽くしているので、現金よりも、プレゼントで渡すほうが、より気持ちが伝わりますよね。ベビー服や赤ちゃん用食器セットなども良いですが、スキンケア用品や母子手帳ケースなど、あえてママ用グッズを贈ってみるのも喜ばれるでしょう。

親族へのプレゼントの相場は?

親族は、贈る人との関係性によっても、プレゼントの相場が変わってきます。兄弟や姉妹の場合は、1万円から3万円が相場で、気心も知れているため、シンプルに現金を贈ることが多いようですね。いとこに贈る場合は、3千円から5千円が相場で、オムツケーキやベビー服などが贈られています。娘や息子へ贈る場合は、3万円から5万円が相場で、ベビーカーなどの大きな育児グッズや、現金プラスプレゼントという形で贈るのが主流みたいですよ。

仕事関係の人へのプレゼントの相場は?

仕事関係の人への贈り物は、利害関係も絡んでくるため、一番気を使いますよね。同僚へのプレゼントは、3千円から5千円が相場で、商品券や、ベビーグッズの詰め合わせなどが選ばれているようです。上司へ贈る場合は、1万円から2万円が相場で、現金とプレゼントをミックスさせて贈ることが多いようですね。職場によっては、みんなで共同で購入することもあるので、自分だけがフライングせず、職場のルールに合わせるのが無難でしょう。

おむつケーキとは、出産のお祝いでよく用いられ、おむつを使ってケーキのようにしたプレゼントのことです。

贈る人によって変わる!出産祝いのプレゼントの相場